今天是   欢迎访问东南大学法学院官方网站! 
加入收藏 联系我们 东南大学
     
讲座预告:人工延命措施的控制与中止的法理
 

主  题:人工延命措施的控制与中止的法理

  

主讲人:甲斐克则

早稻田大学法科大学院教授、院长

主持人:刘艳红

        东南大学法学院教授、院长

翻  译:刘建利

        东南大学法学院副教授 

  

时  间:918日(周一)在940-1140

  

地  点:法学院模拟法庭

  

主讲人简介:

甲斐克则,早稻田大学法科大学院院长。日本刑法学会常务理事、日本医事法学会代表理事、日本生命伦理学会理事

主要研究领域:刑法学、医事法学、生命伦理学

主要科研成果:

一、独著、独译著

1.アルトゥールカウフマン『責任原理――刑法的法哲学的研究――』(翻訳)九州大学出版会2000年(全524頁)                      

2.『海上交通犯罪の研究』〔海事刑法研究第1巻〕成文堂2001年(全298頁) 

3.『安楽死と刑法』〔医事刑法研究第1巻〕成文堂2003年(全214頁) 

4.『尊厳死と刑法』〔医事刑法研究第2巻〕成文堂2004年(全312頁) 

5.『医事刑法への旅Ⅰ』現代法律出版2004年(全276頁) 

6.『責任原理と過失犯論』成文堂2005年(全249頁) 

7.『被験者保護と刑法』〔医事刑法研究第3巻〕成文堂2005年(全218頁) 

8.『医事刑法への旅Ⅰ〔新版〕』イウス出版2006年(全300頁)

9.ペータータック『オランダ医事刑法の展開――安楽死妊娠中絶臓器移植』(編訳)慶應義塾大学出版会2009年(全206頁)             

10.『生殖医療と刑法』〔医事刑法研究第4巻〕成文堂2010年(全316頁) 

11.『医事法六法』(編著)信山社2010年      

12.『医療事故と刑法』〔医事刑法研究第5巻〕成文堂2012年(全311頁)  

13.アルビンエーザー『「侵害原理」と法益論における被害者の役割』(編訳)信山社2014年(全190頁)  

二、主要的编著、编译、共著、共译书

1.『遺伝情報と法政策』甲斐克則編成文堂 2007年             

2.『企業犯罪とコンプライアンスプログラム』田口守一甲斐克則ほか編商事法務 2007

3.『ブリッジブック医事法』甲斐克則編信山社2008年        

4.『企業活動と刑事規制の国際動向』甲斐克則田口守一編信山社2008

5.『講義 生命科学と法』岩志和一郎甲斐克則ほか著尚学社2008年                          

6.『企業活動と刑事規制』甲斐克則編日本評論社2008年  

7.『終末期医療と生命倫理』飯田亘之=甲斐克則編太陽出版2008年  

8.『International Encyclopedia of Laws. Japan.』共著Wolters Kluwer(The Netherlands)2009

9.『医事法講座第1巻 ポストゲノム社会と医事法』甲斐克則編信山社2009

10.『刑法は企業活動に介入すべきか』共著成文堂2010年       

11.『レクチャー 生命倫理と法』甲斐克則編法律文化社2010年 

12.『新版 医療事故の刑事判例』中山研一甲斐克則編成文堂2010

13.『確認 医事法用語250』甲斐克則編成文堂2010年 

14.『医事法講座第2インフォームドコンセントと医事法』甲斐克則編信山社2010

15.『中華人民共和国刑法』甲斐克則劉建利編訳成文堂 2011

16.『医事法講座第3医療事故と医事法』甲斐克則編信山社2012

17.ウルリッヒズィーバー(甲斐克則田口守一監訳)『21世紀刑法学への挑戦――グローバル化情報社会とリスク社会の中で――』成文堂2012

18.『現代社会と刑法を考える』甲斐克則編法律文化社 2012

19.『シリーズ生命倫理学第5巻 安楽死尊厳死』甲斐克則谷田憲俊編丸善2012

20.『医事法講座第4終末期医療と医事法』甲斐克則編信山社2012

21.『精神対話論』メンタルケア協会編慶應義塾大学出版会2013

22.『医事法判例百選(第2版)』甲斐克則手嶋豊編有斐閣 2014

23.21世紀における日中刑事法の重要課題』山口厚甲斐克則編成文堂2014

24.『医事法講座第5巻 生殖医療と医事法』甲斐克則編信山社 2014

等等

 

Copyright © 东南大学法学院版权所有  技术支持:东南大学党委宣传部